1985

おたく

愛す。

 

先日、メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」の「愛す。inWonderLand」東西アリーナツアーに参加してまいりました!神戸と代々木、2公演とも参戦しましたが本当によかった。ただこの言葉に尽きます。こんなにも超特急のファンでいてよかったと思わせてくれるライブ、そうそうないんじゃないでしょうか。そう感じさせるほど彼らのファンへの感謝の気持ちや誠意は伝わってきたような気がします。例えそれがファン特有の錯覚や思い込みだったとしても、それはそう思わせた彼らの「勝ち」であったと思います。

 

わたしが超特急の存在を知ったのはある友人の「最近、超特急にハマったんだよね」という言葉からでした。1年ほど前の出来事になります。お互いの趣味や価値観が似ている友人のその言葉がわたしのこの2016年を大きく変えたと思います。みりお、ベストオブチョロすぎ案件2016。

 

わたしはそれまで「超特急」というグループの存在を全く知りませんでした。その友人が「絶対みりさんは好きになると思う…!」と言ってバッタマンのMVを見せてきました。正直な第一印象、「カッコイイ人いなくない……?」でした。今の自分がその言葉を聞いたら相手を刺して危うく通り魔になってしまうところです。危ねえな。

当時、元々その友人の勧めてくるもの、何もかも百発百中で落ちてきた人間としては「これ以上深みにはめて道ずれ食らうのマジで勘弁して欲しい」という感情が先行し、あまり超特急に興味を示さずにいました。が、この女、わたしの落とし方知り尽くしている。

 

いくつか曲を聞かされてその日は解散となり、数日後会った際に彼女は3rdAnniversary Special(国際フォーラム)の円盤を持ってきました。この円盤がわたしの牙城を崩しました。いやわたしの牙城チョロオブチョロなんですけども。冒頭3曲、え、カッコイイ……この感情が止まりませんでした。ですが、意図も簡単に友人の策にハマってしまうのもなんだか悔しくて、「え?ほんとやめてこういうの好きになっちゃうからほんとやめて!?」というのをずっと繰り返していた気がします。「これ聞きすぎると好きになるから飛ばそうか」などとも言っていた気がします。完全に気が動転していました。超特急って、こんなにもカッコイイものなの?という感情に脳が支配されていました。

その友人がフォーラムの中のメドレーパートを見せてきました。これで、わたしの何かが爆発。ご察しの通りの「Pretty Girl」。わたしが大好きな曲です。キラキラとしたイントロ、アイドルチューン、明るくて思わず心を踊らせてしまうメロディ、心をわしづかみにする歌詞……なんだよ君はぼくのスペシャルワンってよ…………この時点で脳がドロドロです。善悪の判断がつかないほど脳がドロドロでした。

 

この日を境に、恐れ多くも自らを8号車と名乗ってしまうほど超特急に浸かってしまい、つまりは友人の策にまんまとはまってしまったというわけです。悔しい。本当に悔しい。この日からわたしは金銭感覚を失います。超特急にはまって遠征しすぎて生活が苦しい、お金が人を荒ませる、ということを学びました。お金の余裕それはつまり心のゆとりです(悟りました)

 

はじめ、友人には「みりさんタクちゃん好きそう〜」と言われました。(ツンデレが好きな為)その言葉のとおり、タクちゃんのビューティフルベビーフェイスに惹かれ、タクちゃんの画像を検索するようになりました。画像保存していくだけでは物足りなくなり、言われるがままふじびじを見始めました。はじめ見ていく中でみんな好きだ〜という感情がつよく、推しが決められない状態がわりと続いていた気がします。ですがふじびじを見ていく中でまず気になったのがコーイチくんのキャラクターでした。お父さん担当なのに、茶目っ気たっぷりで、豪快に笑うし、なによりあの特徴的な笑い声が頭から離れなくなり…。本当にいつの間にか、コーイチくん推しになっていました。自分でもきっかけがイマイチあやふやです、が今では自分でもコーイチくん推しがしっくりきます。

 

推しが決まると落ちるスピードがさらに加速。そこからズルズルハマっていき、やはり似たような感覚を持つ友人が近くにいたことも大きいですが、行ける限りの2016年春ツアーに参加しました。初乗車となるライブは春ツアーの滋賀Shout&Body。超特急らしいライブということでかなり楽しみにしていきました。余裕で想像を超えてきて楽しかった。超特急らしさの1つとしてファン(8号車)のコールがあると思うのですが、実際のライブで声を出すと本当に楽しい。ここで力尽きたいと思うほどに楽しい。全力でライブを楽しませていただきました。

 

超特急の魅力ってそりゃもちろんたくさんあるんですが。史上初と銘打っているメインダンサー&バックボーカルであること、メンバー同士がとても仲が良いこと、非アイドルであること、メンバーの個性が強いこと、などなど。知れば知るほど彼らから離れられなくなります。ですが、それはきっと他のアイドルファンの方だって「自分の推しグループだって仲が良くてみんな一生懸命で個性的」だって思うはずなんです。どのアイドルだって「アイドル」であるかぎりきっとキラキラしてます。

 

超特急の「走れ!!!!超特急」という曲の中にこんな歌詞があります。

「似たものだらけ飽き飽きしてんでしょ?そんな時代に新たなジェネレーション 僕らはまさに加速中 未来行きの超特急」

超特急の概念ソング(と勝手に言ってます)ですが、先日も述べた通りオタクは概念ソングが大好き!彼らが似たものだらけのアイドルの中で、本当に他とは一線を画すアイドルであるとはわたしもまだまだ言い切れません。他のアイドルを多くは知らないし、勝手にそう言い切っていいのかわからないから。でもわたしは超特急がそういうグループであると信じていたいし、これからもっともっとそうなって欲しい。特にこの愛す。inWonderLandではそう思わせてくれたんです。

 

今回のアリーナツアーでは彼らのアイディアや企画が多く盛り込まれていたそうです。生着替えの演出、殺陣、ライブ中の撮影許可、会場全員へのラブレター、衣装など、メンバーが8号車を想ってステージの上で求められていることを彼らなりに考えて作り上げてくれたそうです。演出の中で、ん?と思った8号車さんもいたと思うし、実際わたしは少し??となる部分もありました。語弊がありますがそれを含めて本当に楽しかったしすべてが良かったですよ!!!(矛盾……)そういう演出もメンバーなりに違和感を感じ取ったのか、神戸と代々木では演出が少し変わっていました。彼らがより良いものを作りたい、魅せたいと考えていることが伝わってきて、とても嬉しかった。

 

何度も重ねて言うようですが、今回のアリーナツアーでは随所で彼らの愛を感じることが出来ました。普段アイドルを応援してるわたしたちファンは彼らが好きだから〜とか、もっと大きくなってほしい頑張って欲しい〜という気持ちでグッズを買ったりライブに足を運んだりします。まあもちろんどんな気持ちで応援しているかは人それぞれであるとは思います!でもそれは結局自分の為でもあり、ある意味、応援するという自己満足だと思うんです。勝手に好きになって勝手に応援してるだけ。そうだとずっと思ってた。わたしたちファンが超特急のためにできることって本当に限られたことしかないので。でもその限られたことの中で出来ることが、本当に彼らの糧になっていて、超特急が今このステージに立てているのはこの会場にいる8号車のおかげでもあるだ、と実際に体感できたんです。ああわたしでも、わたしなんかもみんなに何か少しでも愛を与えられてるのかなあって。こうやって自分が好きで応援してただけなのに、こんな大きな形で愛が返ってくることってあるんだなあって。今まで注いできた愛が、すごく大きな形で、目に見えて、メンバーから直接、何倍にもなって返ってきた。少なくとも自分にとっては、応援していた人からこんなにも感謝の気持ちや愛を感じ取ったこと今までないかもしれない…と思うくらい満たされた気持ちになりました。わたしが応援してきたこと無駄ではなかったんだなって。微々たる力だったかもしれないけど、ちゃんと届いてた。そう感じることが出来たライブだった。

 

ライブ後、いろんな8号車さんに会いましたがみんなが口々に「超特急に出会えてよかった」と言うんですよね。すごい充実感でとても満たされた空間だったことの証拠だと思います。超特急ってほんとーーーーに素敵なグループなんです!ライブ会場に来てた全員にメンバーが手書きのラブレターと称したメッセージカードを配ったり、つねに8号車が喜んでくれることを考えてくれていて、8号車と一緒に、を忘れない。こんなに一体感を与えてくれるアイドルわたしは他に知りません。ライブに1度足を運んでいただければ彼らに対してネガティブな印象は抱かないはず。まだまだ荒削りな部分もたくさんあるとは思うんですけど、きっと彼らのこと嫌いにはなれないほどの熱量と愛を感じることが出来るのではないかなと思います。

 

ちょっとでも超特急気になったらみりおに声かけてね。ライブには連れていきます。本当に超特急に出会えてよかった、自信を持って言える言葉です。

 

 

 

 

わたしがオススメしたい偏りのあるキャラソン

 

最近アイドル戦国時代でどんどんキャラソンが出てますよね。アイドル戦国時代になる前からキャラソンの出方はえぐかったと思いますがここ数年はさらに盛り上がってる感じがします。一体声優さんたちはどれほどのペースで収録してるんでしょう…覚える量も半端ないだろうなあなんて思いますが、声優が歌うキャラソンやドルソンが大好きなので、正直なところものすごくありがたいです。

以前Twitterのほうでちらっと言っていたのですがいろんなキャラソンを聞いていく中で、これは好きすぎてやばい…といった曲がいくつかありまして、ぜひフォロワーさんに聞いてほしくて。だって素敵な曲はみんなに聞いてほしいんだよ(厄介オタ)

わたしの聞く曲にはだいぶ偏りがあるんですけど、だからこそその中でのオススメを書いていきたいと思います。わたしの性癖がばれちゃう~(^^)v

iTunesにある曲は視聴を貼り付けるのでぜひ聞いてみてください。ない曲はAmazonのページ貼り付けます。

 

続きを読む

プリライ5th 感想

 

プリライ5thのレポートというか感想というか。声豚的感想と、プリンセスババアとしての感想がごちゃごちゃになっているので苦手な人は注意です。あと相変わらず口は悪いし偏った意見も多いかと思います。すごく長いので暇なときにでも目を通してもらえたら、うれしいです。

 

続きを読む